セルライトとは

セルライトを減らす!食事ガイド

セルライトとは、周辺組織まで巻き込んで肥大化する皮下脂肪の塊のことです。

セルライトTOP > セルライト

セルライトとは?

セルライトとは、お腹やおしり、太ももなどにブロック状に存在する皮下脂肪のことです。

セルライト(Cellulite)はフランス語で、『Cellule(細胞)』と『ite(鉱物)』から来る造語となっています。

セルライトという言葉が一般的になったのは、1973年にニューヨークのエステサロンの経営者がセルライトに関する著書を書き、ベストセラーになったのがきっかけで、以降、日本を含む世界で一般的に広く知られるようになりました。

セルライトは見た目で判断することができ、肌の表面に凹凸があり、オレンジの皮のようになる『オレンジピールスキン』が見られれば、セルライトであると言われています。

セルライトの仕組み

正常な脂肪とセルライトの違いは、リンパの流れの度合いにあります。

正常な脂肪の場合、脂肪細胞の間には毛細血管が張り巡らされ、リンパ液も滞ることなく流れています。

一方、セルライトの場合、脂肪細胞の肥大化により、毛細血管が切断され、リンパ液の流れが遮断されてしまいます。

リンパ液は体内の老廃物を回収・排泄するはたらきがあるため、セルライトが多いとむくみやすくなり、さらに痩せにくい体になってしまうのです。

セルフケアは悪化のもと

セルライトは、適切な食事療法と運動で解消できる一般的な脂肪とは異なり、周辺組織まで巻き込んで肥大化するため、食事や運動で解消することはできません

そこで現在、セルライトの解消には、セルライトを揉み出すマッサージなどが主流となっています。

ただし、セルライトのマッサージにはコツがあり、ただやみくもに強く揉むだけでは効果を得ることはできません。

それどころか、セルライトに対して強い刺激を与えると、セルライトによって弱っている血管壁が傷つき、内出血を引き起こす可能性があります。

よって、セルライトを正しく解消するためには、セルフケアによるマッサージは控え、プロの手に任せた方が適切と言えるでしょう。

ページ先頭へ戻る

Copyright (C) セルライト除去のエステランキング All Rights Reserved.